凡例:A 白鞘刀。B 拵付刀。C 軍刀。D 白鞘脇差。E 拵付脇差。F 短刀など

1.新入荷刀

(平成30年11月22日入荷)

全12振(D3207~F3196)

※ご希望の商品画像にカーソルを合わせ、クリックして下さい。

D3207 一文字
刀身|59.6cm| 反り|0.8| 目釘|2| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.6| 先幅|1.7| 先重|0.4| 重g|520g|
登録番号|富山20363| 登録年|平30|


 さび、刃こぼれなし。鎬造庵庵。杢目肌。丁子乱れ。
摺上茎。尻張。銅ハバキ。
鎌倉から室町初期にかけて一文字の一大流派存在。
「無銘・一文字」。日刀保以外の鑑定書。
定価:21万円
A3206 金剛
刀身|60.0cm| 反り|1.2| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|2.9| 元重|0.8| 先幅|1.9| 先重|0.5| 重g|598g|
登録番号|福岡41131| 登録年|昭98|


 さび、刃こぼれなし。鎬造庵棟。板目肌。
直刃。中切先。大丸。生茎。栗尻。銀色二重ハバキ。
「無銘(金剛兵衛)」。日刀保 特別貴重認定書。
定価:33万円
E3205 兼吉
刀身|55.2cm| 反り|1.5| 目釘|1| 時代|室町中| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.8| 先幅|1.8| 先重|0.4| 重g|491g|
登録番号|長野41472| 登録年|昭41|


 さび、刃こぼれなし。鎬造。板目肌流れて征がかる。
湾れに互の目。生茎。栗尻。銀ハバキ。
家紋2ヶ入り黒塗鞘。金具一式金細工。
下緒付。「兼吉」。
定価:30万円
B3204 友重
刀身|69.5cm| 反り|1.4| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3.0| 元重|0.8| 先幅|2.0| 先重|0.4| 重g|622g|
登録番号|栃木52914| 登録年|平29|


 さび、刃こぼれなし。鎬造。板目肌。湾れ調直刃。
大切先。大丸。生茎。栗尻。両面棒樋丸留めに朱入り。
赤銅ハバキ。黒石目鞘。変わり透かしツバ。「■■友重」■は藤原?。
定価:43万円
D3203 兼定
刀身|34.5cm| 反り|0.8| 目釘|2| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|1.8| 先重|0.5| 重g|278g|
登録番号|石川17357| 登録年|昭47|


 さび、刃こぼれなし。鎬造。板目肌。互の目足入る。
中切先。大丸。生茎。栗尻。ヤスリ目みえず。
「兼定」室町末期より明治まで続いた有名な刀匠。
定価:13万円
F3202 秋廣
刀身|29.9cm| 反り|0.6| 目釘|2| 時代|南北調| 刃文|乱|
元幅|2.5| 元重|0.6| 先幅|1.8| 先重|0.4| 重g|191g|
登録番号|埼玉41675| 登録年|昭48|


 さび、刃こぼれなし。平造。大板目肌。湾れ乱れ刃続く。
中切先。小丸。生茎。栗尻。銘鮮明。銅ハバキ。
「相州住秋廣」。相州(現鎌倉市)刀。
定価:18万円
D3201 正廣
刀身|43.0cm| 反り|0.9| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.5| 先幅|1.8| 先重|0.4| 重g|321g|
登録番号|群馬43198| 登録年|昭53|


 さび、刃こぼれなし。鎬造。板目流れて征がかる。
沸れのある美しい湾れ。生茎。栗尻。金色ハバキ。
「肥前國武蔵大掾正廣」。江戸初期から末期まで続いた有名な刀匠。
定価:17万円
B3200 無銘
刀身|65.3cm| 反り|0.9| 目釘|2| 時代|江戸中| 刃文|乱|
元幅|3.0| 元重|0.8| 先幅|1.9| 先重|0.5| 重g|590g|
登録番号|群馬45554| 登録年|昭56|


 さび、刃こぼれなし。鎬造。板目詰んで征地肌。
湾れに互の目続く。生茎。栗尻。銅ハバキ。
朱色二線入った黒鞘。丸形透かしツバ。金具一式揃。
定価:31万円
D3199 石堂
刀身|50.6cm| 反り|1.6| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3.0| 元重|0.7| 先幅|1.7| 先重|0.3| 重g|443g|
登録番号|熊本51305| 登録年|平15|


 さび、刃こぼれなし。鎬造。板目肌。湾れに互の目交じる。
小切先。大丸。時代を感じさせ鉄味のよい生茎。
尻張。銅ハバキ。「○州住石堂○東○」。きれいな白鞘。
定価:17万円
B3198 助広
刀身|69.3cm| 反り|2.2| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.7| 先幅|2.0| 先重|0.6| 重g|654g|
登録番号|東京314233| 登録年|平27|


 さび、刃こぼれなし。鎬造。板目詰んで征地かかる。
直刃風湾れ交じり。生茎。栗尻。銅ハバキ。黒石目鞘。
丸形鉄ツバ。金具一式揃。「津田越前守助広」。
定価:30万円
B3197 無銘
刀身|70.5cm| 反り|1.2| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|直|
元幅|2.7| 元重|0.5| 先幅|1.6| 先重|0.3| 重g|554g|
登録番号|山形42726| 登録年|昭54|


 さび、刃こぼれなし。鎬造。板目肌。直刃。小切先。
小丸。生茎。栗尻。銅ハバキ。黒ツヤに金色の蛭巻鞘。
丸形透かしツバ。金具揃。
定価:26万円
F3196 -
刀身|30.2cm| 反り|0.6| 目釘|-| 時代|-| 刃文|-|
元幅|1.7| 元重|0.9| 先幅|1.3| 先重|0.7| 重g|371g|
登録番号|-| 登録年|-|


 兜割(かぶとわり)。全長42.2cm。
柄の上下に鉄の合金巻。ツバより本体4.5cm、
先より4cm鉄巻仕様。全体に黒色だが、
部分的にハゲ、時代を感じる。
定価:7万円