江戸末期

F3577 15万円 無銘
New
F3577
刀身|19.4cm| 反り|0| 目釘|2| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.1| 元重|0.5| 先幅|1.4|先重|0.4| 重g|112g|
登録番号|兵庫2025| 登録年|昭和26|


さび、刃こぼれなし。鵜の首造。板目流れて柾がかる。直刃に乱れ交じり。生茎。栗尻。ヤスリ目横。銅ハバキ。小ぶりながらしっかりとした短刀。珍しい鵜の首造。
F3567 26万円 正次
F3567
刀身|21.2cm| 反り|0.1| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|1.6|先重|0.4| 重g|156g|
登録番号|岡山108895| 登録年|平4|


さび、刃こぼれなし。平造。板目詰む。互の目乱に尖り刃交じる。
生茎。栗尻。銅ハバキ。「水心子正次(花押)」。「天保十三年仲秋」。
1842年高野長英死。
A3555 35万円 直胤
A3555
刀身|61.3cm| 反り|1.7| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.8| 先幅|2.1|先重|0.6| 重g|702g|
登録番号|山形10833| 登録年|昭30|


さび、刃こぼれなし。板目流れる。波文丁子。生茎。栗尻。
銀着せハバキ。鞘書に「大慶直胤 昭和十八年仲秋鑑士」。
「大慶直胤花押」。江戸時代代表の刀匠の一人。
A3549 58万円 茂虎
A3549
刀身|71.8cm| 反り|2.0| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.5| 元重|0.6| 先幅|1.3| 先重|0.4| 重g|616g|
登録番号|山梨18915| 登録年|昭56|


 さび、刃こぼれなし。柾鍛え。変化のある小互の目。生茎。栗尻。銅ハバキ。「森茂虎」。「嘉永二年八月日」。1849年桜田門外の変。日刀保 認定書。
F3538 31万円 無銘
F3538
刀身|26.3cm| 反り|0.4| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.7| 先幅|1.6| 先重|0.3| 重g|514g|
登録番号|静岡29069| 登録年|昭39|


 さび、刃こぼれなし。鵜の首造。板目に柾がかる。
直刃に乱れ交じる。生茎。栗尻。銅ハバキ。松代拵。
黒石目鞘。小判形鉄ツバ。揃いの小柄、こうがい付。
E3530 22万円 無銘
E3530
刀身|31.8cm| 反り|0.5| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.7| 先幅|1.9| 先重|0.5| 重g|267g|
登録番号|埼玉28305| 登録年|昭43|


 さび、刃こぼれなし。鵜の首造。板目詰んで杢目たつ。直刃に互の目。
生茎。栗尻。赤茶ツヤ鞘。小柄、こうがい付き珍品。
F3519 20万円 正秀
F3519
刀身|18.1cm| 反り|0| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.2| 元重|0.6| 先幅|1.4| 先重|0.3| 重g|117g|
登録番号|静岡71178| 登録年|平30|


 さび、刃こぼれなし。平造。梨子肌。鮮明な互の目乱れ連なる。
帽子は返しが深く珍品。生茎。剱形。
左上がりヤスリ目。真鍮ハバキ。江戸三作の「水心子正秀」銘入り。
F3496 23万円 無銘
F3496
刀身|19.6cm| 反り|0| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|直|
元幅|2.3| 元重|0.6| 先幅|1.3| 先重|0.3| 重g|99g|
登録番号|岡山26580| 登録年|平30|


 さび、刃こぼれなし。鵜の首造。板目詰む。直刃に湾れ。
小丸。銅ハバキ。茶鞘。長丸形鉄ツバ。小さ刀拵。
下緒付。揃いの縁、柄頭。刀身がたいへん美しい。
F3470 11万円 無銘
F3470
刀身|15.0cm| 反り|0.2| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.2| 元重|0.7| 先幅|1.2| 先重|0.4| 重g|92g|
登録番号|栃木53530| 登録年|令2|


サビ、刃こぼれなし。平造。征目肌。乱こころ直刃。よろい通し。栗尻。
ヤスリ目見えず。銅ハバキ。刀身に厚みあり、頼もしい短刀。
F3444 46万円 正光
F3444
刀身|19.4cm| 反り|-| 目釘|2| 時代|江戸末| 刃文|直|
元幅|2.4| 元重|0.7| 先幅|1.5| 先重|0.4| 重g|137g|
登録番号|大阪100263| 登録年|昭61|


さび、刃こぼれなし。平造、庵棟。板目肌詰む。直刃。生茎。栗尻。
両面護摩箸。銅ハバキ。もみじ浮いた青貝散しに1/3刻み入鞘。
べっ甲の鯉口、栗型、頭。「運慶正光作」。