F 短刀・剣・槍・銃・その他

F3752 10万円 無銘
F3752
刀身|19.8cm| 反り|0| 目釘|0| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|2.1| 元重|0.9| 先幅|1.7|先重|0.6| 重g|201g|
登録番号|東京296408| 登録年|平19|


 三角山槍。鍛割れ有。直刃文。茎より切先まで38.5cm。裏、朱漆塗樋8.5cm。黒色岩肌鞘28.5cm。柄なし。戦国時代の主な武器は日本刀ではなく槍だった。
F3751 10万円 無銘 売切れ
F3751
刀身|33.2cm| 反り|0| 目釘|2| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|2.4| 元重|1.3| 先幅|2.3|先重|0.6| 重g|514g|
登録番号|岩手18372| 登録年|昭46|


 三角山槍。さびなし。鍛割れ2〜2.5cm約3本あり。直刃に乱れ交じり。茎より切先まで72.5cm。裏、棒樋21cm。黒色岩肌鞘42.2cm。柄なし。戦国合戦の息吹を感じる。
F3750 12万円 正光
F3750
刀身|9cm| 反り|0| 目釘|3| 時代|江戸末| 刃文|直|
元幅|1.7| 元重|1.6| 先幅|1.3|先重|1.4| 重g|157g|
登録番号|東京177619| 登録年|昭48|


 本正三角槍。柾鍛え。直刃。茎より切先まで50.5cm。三面肌全てに朱漆塗棒樋3.1cm。白鞘全長63.5cm。銘「藤原正光作」。正三角槍は現存少なく貴重。
F3749 10万円 太一郎
F3749
刀身|10.2cm| 反り|0| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|直|
元幅|1.5| 元重|0.9| 先幅|0.9|先重|0.5| 重g|計測不能g|
登録番号|東京325140| 登録年|令4|


 三角山槍。さび、刃こぼれなし。柾鍛え。直刃。裏、棒樋4.5cm。拵全長120cm。柄木彫38cm。金属65cm。銘「有吉太一郎□」。茎外れず刀身の重さ計量不能。
F3748 28万円 忠広
F3748
刀身|30.3cm| 反り|2.2| 目釘|2| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|2.9| 元重|0.8| 先幅|2.3|先重|0.6| 重g|576g|
登録番号|栃木40567| 登録年|昭53|


 なぎなた。さび、刃こぼれなし。小糠肌に柾がかる。直刃。両面朱漆塗棒樋掻き流しに添樋。銅ハバキ。茎から切先まで70.5cm。白鞘全長101cm。「近江大掾藤原忠広」。薙刀の後に槍が誕生した。
F3747 14万円 不詳
F3747
刀身|39.8cm| 反り|2.3| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|2.6| 元重|0.7| 先幅|2.5|先重|0.6| 重g|434g|
登録番号|石川7897| 登録年|昭40|


 なぎなた。さび有り。板目流れて柾がかる。直刃。両面朱漆塗棒樋掻き流し8cm。添樋17cm。金色ハバキ。茎より切先まで57.5cm。黒塗鞘全長264cm。柄のみ220cm。銘「不詳」。
F3746 20万円 綱重
F3746
刀身|35.2cm| 反り|2.2| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|2.7| 元重|0.5| 先幅|2.5|先重|0.5| 重g|327g|
登録番号|東京299869| 登録年|平20|


 なぎなた。柾鍛え。直刃。茎より切先まで58cm。両面朱漆塗棒樋丸留め8cm。添樋12.5cm。黒鞘全長222cm。柄全体の1/4青貝散。表「陸奥守藤原綱重」。裏「寛文十年戌二月吉日」。
F3734 28万円 廣重
F3734
刀身|37.6cm| 反り|2.6| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.7| 先幅|2.9|先重|0.8| 重g|498g|
登録番号|鹿児島35954| 登録年|平17|


なぎなた。さび刃こぼれなし。菖蒲造。大板目に互の目交じり。両面棒樋丸留7.5cm。添樋20cm。茎から切先まで74.5cm。黒塗鞘全長218cm。「武州下原住廣重」。
F3733 18万円 無銘
F3733
刀身|26.9cm| 反り|0| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.8| 先幅|2.0|先重|0.5| 重g|315g|
登録番号|埼玉41342| 登録年|昭48|


さびなし。平造、庵棟。板目詰む。湾れに互の目交じり。中切先。大丸。生茎。栗尻。表に梵字。裏、護摩箸入り。銀着ハバキ。
F3705 18万円 正次
F3705
刀身|19.9cm| 反り|0| 目釘|1| 時代|幕末| 刃文|直|
元幅|2.2| 元重|0.6| 先幅|1.2|先重|0.3| 重g|110g|
登録番号|長野91167| 登録年|平30|


さび、刃こぼれなし。平造。柾目肌。直刃。小切先。生茎。栗尻。銅ハバキ。1/2朱色、1/2黒刻み合口拵。「水心子正次」。江戸時代を代表する水心子正秀の子。