D 白鞘脇差

D3897 15万円 無銘 売切れNew

D3897 拡大画像ページへ
刀身|54cm| 反り|1.4| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.7| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|502g|
登録番号|東京197822| 登録年|昭和51年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰む。太直刃に乱れ交じり。中切先。生茎。栗尻。ヤスリ目見えず。銅ハバキ。ほぼ欠点のない刀身と白鞘。

D3896 15万円 無銘New

D3896 拡大画像ページへ
刀身|38cm| 反り|0.6| 目釘|1| 時代|室町中| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.6| 先幅|1.9|先重|0.3| 重g|283g|
登録番号|東京197821| 登録年|昭和51年|


 さび、刃こぼれなし。平造。小杢目肌。鮮明な湾れに互の目交じる。大切先。生茎。尻張。両面棒樋掻き流しに添樋。銅ハバキ。樋入りで20万円以下は稀。。

D3893 22万円 無銘New

D3893 拡大画像ページへ
刀身|59.5cm| 反り|1.1| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.7| 先幅|1.6|先重|0.4| 重g|500g|
登録番号|福井24145| 登録年|令和5年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目に杢目交じり。乱れに互の目。小切先。生茎。栗尻。ヤスリ目見えず。銅祐乗ハバキ。刀身あと5ミリで刀。三ツ頭、刃文共に鮮明。

D3891 17万円 行長New

D3891 拡大画像ページへ
刀身|43.5cm| 反り|1.3| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|340g|
登録番号|兵庫115226| 登録年|平成14年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目に杢目交じり。互の目乱れ続く。小切先。生茎。栗尻。銅台付きハバキ。「豊州高田住行長」。

D3888 18万円 無銘

D3888 拡大画像ページへ
刀身|52.8cm| 反り|1.6| 目釘|1| 時代|室町中| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.7| 先幅|1.6|先重|0.5| 重g|454g|
登録番号|東京327512| 登録年|令和6年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰む。互の目丁子乱れ。小切先。生茎。栗尻。銅ハバキ。細身の刀身に刃文が鮮明。50cm超え脇差日本刀が18万円。

D3886 19万円 兼則

D3886 拡大画像ページへ
刀身|44.2cm| 反り|1.2| 目釘|2| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.5| 先幅|1.6|先重|0.3| 重g|310g|
登録番号|東京265387| 登録年|令和4年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目に杢目交じる。互の目乱れ続く。小切先。生茎。栗尻。両面棒樋掻き流し。銅ハバキ。「兼則作」。関ヶ原の役で活躍か?

D3879 22万円 常光

D3879 拡大画像ページへ
刀身|46.4cm| 反り|0.8| 目釘|2| 時代|江戸初| 刃文|直|
元幅|3.2| 元重|0.8| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|433g|
登録番号|北海道35101| 登録年|平成2年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。小杢目詰む。直刃。中切先。生茎。栗尻。両面棒樋掻き留め。刻み銅ハバキ。「対馬守橘常光」。良業物刀工。三ツ頭鮮明。

D3878 22万円 無銘 

D3878 拡大画像ページへ
刀身|51.8cm| 反り|1.4| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.5| 先幅|1.7|先重|0.4| 重g|426g|
登録番号|福岡94035| 登録年|平成5年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰んで柾目肌。直刃に乱れ交じる。中切先。生茎。栗尻。鉄味良い茎ヤスリ目見えず。金色祐乗ハバキ。きれいな刀身。

D3875 18万円 不明

D3875 拡大画像ページへ
刀身|44.3cm| 反り|1.5| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|1.5|先重|0.4| 重g|338g|
登録番号|東京227629| 登録年|昭和57年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。大板目肌。互の目。小切先。生茎。栗尻。刀身に龍のような彫刻あり。銅ハバキ。「銘不明」。(於品川)まで茎に読める彫りあり。

D3874 23万円 正義

D3874 拡大画像ページへ
刀身|59.9cm| 反り|2| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|2.8| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|534g|
登録番号|長野65630| 登録年|昭和51年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。直刃。小切先。生茎。栗尻。左上がりヤスリ目。銅ハバキ。「備後国三原住貝正義」。あと2mmで刀。長脇差。