B 拵付刀

B3659 35万円 兼宗
New
B3659
刀身|66.0cm| 反り|1.4| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.8| 先幅|2.0|先重|0.5| 重g|782g|
登録番号|東京135406| 登録年|昭42|


さび、刃こぼれなし。無地肌。鮮明に出ている互の目乱。大切先。大丸。生茎。栗尻。鷹の羽ヤスリ目。金色ハバキ。キズのない黒塗りツヤ鞘。丸形鉄ツバ。「関兼宗作」。
B3649 109万円 無銘
B3649
刀身|62.8cm| 反り|0.9| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.7| 先幅|1.7|先重|0.5| 重g|532g|
登録番号|静岡71632| 登録年|令3|


さび、刃こぼれなし。板目詰む。直刃に互の目交じる。(表)樋の中に不動明王図、(裏)護摩箸の彫り、表裏共鮮明。生茎。栗尻。縁、頭、ツバ揃い。銅ハバキ。黒塗鞘。
B3647 88万円 守光
B3647
刀身|69.7cm| 反り|1.8| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.7| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|716g|
登録番号|愛知70769| 登録年|平18|


さび、刃こぼれなし。板目流れる。直刃に小互の目交じり。中切先。生茎。栗尻。銀着せハバキ。巻革、黒塗鮫皮柄。黒塗鞘。「守光」三ツ頭、刃文共に鮮明。
B3644 75万円 兼氏
B3644
刀身|68.1cm| 反り|2.1| 目釘|1| 時代|室町中| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.7| 先幅|1.7|先重|0.4| 重g|574g|
登録番号|福岡34929| 登録年|昭35|


さび、刃こぼれなし。板目詰んで流れる。直刃に互の目連なる。銅ハバキ。青貝散鞘。丸形透かしツバ。金物揃。「兼氏」。天下三作のひとり正宗の弟子。
B3628 65万円 国重
B3628
刀身|69.4cm| 反り|1.2| 目釘|2| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3.0| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|538g|
登録番号|東京241018| 登録年|昭62|


さび、刃こぼれなし。板目流れて柾がかる。互の目。生茎。栗尻。金着せハバキ。黒塗鞘。「備中松山住国重」。高名な刀鑑定士得能一男氏の認定書。
B3626 33万円 兼綱
B3626
刀身|66.5cm| 反り|1.6| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.7| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|646g|
登録番号|大阪071015| 登録年|昭49|


さび、刃こぼれなし。梨子地風。つれた互の目続く。中切先。生茎。栗尻。両面棒樋掻き流し。金色ハバキ。「関住池田兼綱作」。ほぼ欠点無し目玉商品。
B3625 30万円 兼宗
B3625
刀身|66.1cm| 反り|1.6| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.8| 先幅|2.0|先重|0.6| 重g|674g|
登録番号|新潟071015| 登録年|平28|


さび、刃こぼれなし。無地肌。互の目乱れ。中切先。生茎。剱形。黒塗鞘。金色ハバキ。「兼宗」。「昭和十七年」。超お買い得!
B3617 48万円 無銘
B3617
刀身|66.3cm| 反り|1.2| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|3.0| 元重|0.7| 先幅|2.1|先重|0.5| 重g|674g|
登録番号|新潟072373| 登録年|令2|


さび、刃こぼれなし。梨子地に柾がかる。ほっそりとした直刃。中切先。生茎。剱形。金色ハバキ。黒ツヤ鞘。八角透しツバ。品の良い細直刃。研ぎたて?
B3616 53万円 義長
B3616
刀身|64.0cm| 反り|1.3| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.0| 元重|0.7| 先幅|2.1|先重|0.5| 重g|670g|
登録番号|新潟07238| 登録年|令2|


さび、刃こぼれなし。梨子地に柾がかる。互の目。生茎。剱形。銅ハバキ。茶黒変わり鞘。縁と頭、波間に千鳥。「星□義長」。
B3604 53万円 康継
B3604
刀身|60.7cm| 反り|1.2| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|直|
元幅|3.1| 元重|0.7| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|584g|
登録番号|長崎19359| 登録年|昭46|


さび、刃こぼれなし。板目詰む。太直刃鮮明。生茎。栗尻。黒塗ツヤ鞘。丸形龍図ツバ。表「〇南〇鉄越前康継と銘有」。裏「以〇〇江戸作之」。江戸初期から末期まで代々続く江戸幕府御用鍛冶を務めた家系。