B 拵付刀

B3581 55万円 信高
New
B3581
刀身|67.9cm| 反り|1.5| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3.2| 元重|0.8| 先幅|1.9|先重|0.4| 重g|684g|
登録番号|神奈川36594| 登録年|昭38|


さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰んで流れ肌交じり。湾れ気味の互の目。生茎。釼形。銀着せハバキ。黑叩塗鞘。八角形ツバ。「伯耆守藤原信高」。
B3562 29万円 無銘
B3562
刀身|67.0cm| 反り|1.5| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.5| 重g|678g|
登録番号|山形8652| 登録年|昭28|


さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰んで梨子地肌。直刃。
小切先。大丸。生茎。尻張。両面棒樋丸留。銅ハバキ。黒石目ツヤ鞘。
丸形鉄ツバ。下緒付。超お買い得!
B3561 62万円 国廣
B3561
刀身|63.8cm| 反り|0.9| 目釘|3| 時代|江戸中| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.5| 重g|588g|
登録番号|広島7355| 登録年|昭27|


さび、刃こぼれなし。板目に杢交じり。直刃に湾れ。生茎。
切。銅ハバキ。黒石目鞘。丸形透かしツバ。鉄鐺。
「藤原国廣」。新刀の祖。超大物刀匠。白鞘付。
B3552 33万円 無銘
B3552
刀身|67.7cm| 反り|0.8| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.8| 先幅|2.0|先重|0.5| 重g|630g|
登録番号|東京190885| 登録年|昭49|


さび、刃こぼれなし。梨子地肌。直調に互の目続く足入り。
銀と黒の二重ハバキ。キズのない黒刻みと黒地に深緑模様の変わり鞘。
飾り刀に最適。角形鉄ツバ。下緒付。
B3543 53万円 義定
B3543
刀身|67.4cm| 反り|2.2| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.2| 元重|0.9| 先幅|1.9| 先重|0.6| 重g|868g|
登録番号|東京256744| 登録年|平3|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰んで梨梨子地肌。互の目連なる。
小切先。生茎。栗尻。鷹の羽ヤスリ目。金色ハバキ。黒石目鞘。
丸形透かしツバ。「濃州関住義定作」。
B3532 57万円 盛重
B3532
刀身|65.3cm| 反り|2| 目釘|3| 時代|室町中| 刃文|乱|
元幅|3.0| 元重|0.7| 先幅|2.0| 先重|0.4| 重g|632g|
登録番号|北海道8056| 登録年|昭29|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目流れる。互の目乱れ。
中切先、小丸。生茎。栗尻。右下がりヤスリ目。銅に銀塗ハバキ。
黒塗りツヤ鞘。丸ツバ松図。下緒付。「盛重」。
B3525 70万円 無銘
B3525
刀身|70.7cm| 反り|1.6| 目釘|3| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.8| 先幅|2.1| 先重|0.5| 重g|756g|
登録番号|京都59796| 登録年|令1|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目流れて柾がかる。
互の目乱れ。大切先、大丸。生茎。尻張。刻み入り銅ハバキ。
黒塗りツヤ鞘。丸形透かしツバ。刀全体に芸術性あり。
B3522 46万円 長舩
B3522
刀身|69.6cm| 反り|1.0| 目釘|3| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.7| 先幅|1.6| 先重|0.5| 重g|650g|
登録番号|青森3505| 登録年|昭28|


 さび、刃こぼれなし。板目流れて柾がかる。
直刃に小互の目足入り湾れがかる。金色ハバキ。黒石目鞘。
丸形透かしツバ。縁に家紋3ケ。表銘「備前国住長舩」。
裏銘「明暦三年九月日」。
B3515 53万円 兼吉
B3515
刀身|67.3cm| 反り|1.4| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.8| 先幅|2.1| 先重|0.5| 重g|786g|
登録番号|東京321567| 登録年|令1|


 さび、刃こぼれなし。無地肌。互の目丁子乱。大切先、大丸。生茎。
栗尻。銅ハバキ。黒塗ツヤ鞘。二つ木瓜形鉄ツバ。
「刻印関 吉田兼吉作」。折れず曲がらずを証明した関の刻印。
B3514 57万円 兼明
B3514
刀身|66.8cm| 反り|1.7| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.9| 先幅|2.0| 先重|0.5| 重g|752g|
登録番号|愛知76677| 登録年|平30|


 さび、刃こぼれなし。無地肌。鮮明な互の目乱れ連なる。
小切先、大丸。生茎。栗尻。銅ハバキ。きれいな黒塗ツヤ鞘。
丸形透かし鉄ツバ。「濃州住栗山兼明」。