20万円以上

F3764 21万円 無銘
New
F3764
刀身|29.7cm| 反り|0.2| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|199g|
登録番号|東京128873| 登録年|昭41|


さび、刃こぼれなし。平造。大板目。互の目乱れ。生茎。栗尻。金色ハバキ。黒石目鞘。金象嵌入長丸形透かしツバ。小柄付。金物全て揃い。あと6mmで脇差。
F3763 21万円 無銘
New
F3763
刀身|15.1cm| 反り|0| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|1.8| 元重|0.6| 先幅|1|先重|0.3| 重g|69g|
登録番号|鳥取26672| 登録年|平31|


さび、刃こぼれなし。平造。大板目。直刃に互の目交じる。生茎。栗尻。銀ハバキ。鞘、柄ともに漆塗合口拵。鶴舞う蒔絵図。金細工目釘穴。お守り刀に最適。
A3757 28万円 無銘
A3757
刀身|64.7cm| 反り|0.1| 目釘|3| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.7| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|586g|
登録番号|徳島8419| 登録年|昭38|


さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。細かな互の目に切先付近は湾れに変わる。小切先。大丸。尻張。木ハバキ。「摺上無銘」。刀身真っ直ぐな珍しい日本刀。
A3756 29万円 無銘
A3756
刀身|68.1cm| 反り|1.1| 目釘|3| 時代|江戸中| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.7| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|626g|
登録番号|北海道38485| 登録年|平24|


棟にサビ数か所取った跡あり。切先付近に刃こぼれあり。板目肌。鮮明な互の目に丁子乱れ。小切先。銅ハバキ。白鞘鯉口に動物の角使用。姿、刃文、地鉄、芸術性高い日本刀。
A3755 24万円 無銘 売切れ
A3755
刀身|66.4cm| 反り|3| 目釘|1| 時代|室町初| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|1.6|先重|0.3| 重g|444g|
登録番号|東京134753| 登録年|昭42|


さび、刃こぼれなし。2.5cmの鍛え割れ1ケ。小さな鍛え割れ数ケあり。板目肌。直刃に乱れ交じる。。生茎。栗尻。金色二重ハバキ。細身の刀身に深い反りが魅力的な日本刀。
F3748 28万円 忠広
F3748
刀身|30.3cm| 反り|2.2| 目釘|2| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|2.9| 元重|0.8| 先幅|2.3|先重|0.6| 重g|576g|
登録番号|栃木40567| 登録年|昭53|


 なぎなた。さび、刃こぼれなし。小糠肌に柾がかる。直刃。両面朱漆塗棒樋掻き流しに添樋。銅ハバキ。茎から切先まで70.5cm。白鞘全長101cm。「近江大掾藤原忠広」。薙刀の後に槍が誕生した。
F3746 20万円 綱重 売切れ
F3746
刀身|35.2cm| 反り|2.2| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|2.7| 元重|0.5| 先幅|2.5|先重|0.5| 重g|327g|
登録番号|東京299869| 登録年|平20|


 なぎなた。柾鍛え。直刃。茎より切先まで58cm。両面朱漆塗棒樋丸留め8cm。添樋12.5cm。黒鞘全長222cm。柄全体の1/4青貝散。表「陸奥守藤原綱重」。裏「寛文十年戌二月吉日」。
E3743 22万円 無銘 売切れ
E3743
刀身|45.7cm| 反り|0.9| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.7| 先幅|1.8|先重|0.5| 重g|422g|
登録番号|京都29500| 登録年|昭45|


さび、刃こぼれなし。板目肌。直刃に湾れ交じる。中切先。帽子鮮明。生茎。尻張。銅ハバキ。茶塗ツヤ鞘に下緒。丸形透かし鉄ツバ。しっかり糸巻された柄。
F3734 28万円 廣重 売切れ
F3734
刀身|37.6cm| 反り|2.6| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.7| 先幅|2.9|先重|0.8| 重g|498g|
登録番号|鹿児島35954| 登録年|平17|


なぎなた。さび刃こぼれなし。菖蒲造。大板目に互の目交じり。両面棒樋丸留7.5cm。添樋20cm。茎から切先まで74.5cm。黒塗鞘全長218cm。「武州下原住廣重」。
A3727 29万円 久広
A3727
刀身|63.0cm| 反り|1.7| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|直|
元幅|3.2| 元重|0.8| 先幅|2.3|先重|0.6| 重g|664g|
登録番号|福岡55228| 登録年|昭44|


さび、刃こぼれなし。無地肌。直刃。生茎。栗尻。金色ハバキ。表「昭和十九年六月日」。裏「必勝筑後柳河住冬広」。相州二代広二の子。相州刀?