室町末期

F3764 21万円 無銘
New
F3764
刀身|29.7cm| 反り|0.2| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|199g|
登録番号|東京128873| 登録年|昭41|


さび、刃こぼれなし。平造。大板目。互の目乱れ。生茎。栗尻。金色ハバキ。黒石目鞘。金象嵌入長丸形透かしツバ。小柄付。金物全て揃い。あと6mmで脇差。
F3763 21万円 無銘
New
F3763
刀身|15.1cm| 反り|0| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|1.8| 元重|0.6| 先幅|1|先重|0.3| 重g|69g|
登録番号|鳥取26672| 登録年|平31|


さび、刃こぼれなし。平造。大板目。直刃に互の目交じる。生茎。栗尻。銀ハバキ。鞘、柄ともに漆塗合口拵。鶴舞う蒔絵図。金細工目釘穴。お守り刀に最適。
F3762 15万円 兼道
New
F3762
刀身|13.2cm| 反り|0| 目釘|2| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.1| 元重|1.5| 先幅|1.1|先重|0.7| 重g|251g|
登録番号|秋田26935| 登録年|昭55|


三角槍。板目流れる。直刃に乱れ交じり。茎より切先まで47cm。裏、朱漆樋5.5cm。拵全長211cm。「とりさはき是非に先へとせく人は手前崩てあき身多けれ」。柄に彫刻。「兼道」。
F3752 10万円 無銘
F3752
刀身|19.8cm| 反り|0| 目釘|0| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|2.1| 元重|0.9| 先幅|1.7|先重|0.6| 重g|201g|
登録番号|東京296408| 登録年|平19|


 三角山槍。鍛割れ有。直刃文。茎より切先まで38.5cm。裏、朱漆塗樋8.5cm。黒色岩肌鞘28.5cm。柄なし。戦国時代の主な武器は日本刀ではなく槍だった。
E3743 22万円 無銘 売切れ
E3743
刀身|45.7cm| 反り|0.9| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.7| 先幅|1.8|先重|0.5| 重g|422g|
登録番号|京都29500| 登録年|昭45|


さび、刃こぼれなし。板目肌。直刃に湾れ交じる。中切先。帽子鮮明。生茎。尻張。銅ハバキ。茶塗ツヤ鞘に下緒。丸形透かし鉄ツバ。しっかり糸巻された柄。
B3741 150万円 無銘
B3741
刀身|66.1cm| 反り|1.9| 目釘|3| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.6| 先幅|2|先重|0.4| 重g|558g|
登録番号|岡山34727| 登録年|昭34|


さび、刃こぼれなし。板目肌。尖り互の目。両面棒樋丸留め。尻張。銀祐乗ハバキ。黒角笛鞘。金象嵌入り丸形透かしツバ。E3740と大小揃い。室町時代の日本刀が大刀、小刀揃っているのは貴重。
E3740 74万円 無銘
E3740
刀身|44.8cm| 反り|1| 目釘|3| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.6| 元重|0.6| 先幅|2|先重|0.4| 重g|355g|
登録番号|岡山34728| 登録年|昭34|


さび、刃こぼれなし。板目詰んで杢交じり。尖り互の目。生茎。栗尻。銀二重ハバキ。梅図の小柄、こうがい。黒角笛鞘。金象嵌入り丸形透かしツバ。B3741と大小揃い。
B3738 30万円 無銘
B3738
刀身|64.6cm| 反り|1.4| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.7| 先幅|2.3|先重|0.6| 重g|650g|
登録番号|兵庫11392| 登録年|平14|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。湾れに互の目交じり。生茎。尻張。きれいな黒革巻鞘に下緒。真鍮ツバ。珍しい革巻柄。刀装具寄せ集た日本刀。
B3723 70万円 無銘
B3723
刀身|60.2cm| 反り|1.8| 目釘|2| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|469g|
登録番号|新潟072368| 登録年|令2|


さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。直刃鮮明。小切先。生茎。切。銀祐乗ハバキ。豪華な太刀拵。五三の桐家紋。風格ある角形ツバ。太刀の金物全揃。
D3722 14万円 安国
D3722
刀身|40.5cm| 反り|0.7| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.4| 元重|0.7| 先幅|1.5|先重|0.5| 重g|309g|
登録番号|東京63406| 登録年|昭30|


さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。湾れに互の目乱れ。小切先。生茎。切。銅ハバキ。表「武蔵太郎安国眞十五枚甲伏作」。裏「弘代丙午立秋政美上ル之」。