50万円以上

B3647 88万円 守光
New
B3647
刀身|69.7cm| 反り|1.8| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.7| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|716g|
登録番号|愛知70769| 登録年|平18|


さび、刃こぼれなし。板目流れる。直刃に小互の目交じり。中切先。生茎。栗尻。銀着せハバキ。巻革、黒塗鮫皮柄。黒塗鞘。「守光」三ツ頭、刃文共に鮮明。
D3646 53万円 正俊
New
D3646
刀身|33.8cm| 反り|0.3| 目釘|1| 時代|平成| 刃文|乱|
元幅|3.2| 元重|0.8| 先幅|2.3|先重|0.3| 重g|353g|
登録番号|徳島26163| 登録年|平4|


さび、刃こぼれなし。平造。板目詰む。互の目乱れ。(表)不動明王素剣。(裏)護摩箸の彫。生茎。栗尻。金着せハバキ。「正俊造」。「平成三年八月日」。
B3644 75万円 兼氏
New
B3644
刀身|68.1cm| 反り|2.1| 目釘|1| 時代|室町中| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.7| 先幅|1.7|先重|0.4| 重g|574g|
登録番号|福岡34929| 登録年|昭35|


さび、刃こぼれなし。板目詰んで流れる。直刃に互の目連なる。銅ハバキ。青貝散鞘。丸形透かしツバ。金物揃。「兼氏」。天下三作のひとり正宗の弟子。
F3643 53万円 久幸
New
F3643
刀身|18.3cm| 反り|-| 目釘|2| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.0| 元重|0.9| 先幅|1.8|先重|0.8| 重g|283g|
登録番号|北海道35900| 登録年|平6|


十文字槍。 さび、刃こぼれなし。柾鍛。小乱れ。茎から刃先まで56㎝。横11.5㎝。白鞘全長101㎝。「藤原久幸行七十八歳作之」。十文字槍は入手難。
E3642 66万円 綱廣
New
E3642
刀身|45.8cm| 反り|0.8| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.6| 先幅|2.1|先重|0.4| 重g|415g|
登録番号|大分1407| 登録年|昭26|


さび、刃こぼれなし。柾目肌。皆焼。生茎。栗尻。銅ハバキ。ツバなし黒塗拵脇差。表銘「元相州住綱広銘有り長サ一尺九寸五部」。裏銘「東肥住昌直一尺五寸二分揚之」。
A3636 57万円 正秀
New
A3636
刀身|65.4cm| 反り|1.7| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|直|
元幅|3.1| 元重|0.9| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|812g|
登録番号|長崎15095| 登録年|昭41|


さび、刃こぼれなし。柾鍛え。直刃。中切先。生茎。剱尻。右下がりヤスリ目。「水心子正秀(花押刻印)」。「文化二年八月日」。浸食あり。新々刀の祖の水心子。
B3628 65万円 国重
B3628
刀身|69.4cm| 反り|1.2| 目釘|2| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3.0| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|538g|
登録番号|東京241018| 登録年|昭62|


さび、刃こぼれなし。板目流れて柾がかる。互の目。生茎。栗尻。金着せハバキ。黒塗鞘。「備中松山住国重」。高名な刀鑑定士得能一男氏の認定書。
A3622 59万円 正俊
A3622
刀身|69.5cm| 反り|1.6| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.0| 元重|0.8| 先幅|2.0|先重|0.6| 重g|674g|
登録番号|茨城37040| 登録年|昭53|


さび、刃こぼれなし。板目詰む。乱刃に互の目交じる。生茎。栗尻。銀ハバキ。「相州住正俊作之」。相州刀は銘入り少なし。珍品。
B3616 53万円 義長
B3616
刀身|64.0cm| 反り|1.3| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.0| 元重|0.7| 先幅|2.1|先重|0.5| 重g|670g|
登録番号|新潟07238| 登録年|令2|


さび、刃こぼれなし。梨子地に柾がかる。互の目。生茎。剱形。銅ハバキ。茶黒変わり鞘。縁と頭、波間に千鳥。「星□義長」。
B3604 53万円 康継
B3604
刀身|60.7cm| 反り|1.2| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|直|
元幅|3.1| 元重|0.7| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|584g|
登録番号|長崎19359| 登録年|昭46|


さび、刃こぼれなし。板目詰む。太直刃鮮明。生茎。栗尻。黒塗ツヤ鞘。丸形龍図ツバ。表「〇南〇鉄越前康継と銘有」。裏「以〇〇江戸作之」。江戸初期から末期まで代々続く江戸幕府御用鍛冶を務めた家系。