鑑定書

F3919 29万円 貴道New

F3919 拡大画像ページへ
刀身|11.7cm| 反り|0| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|2.1| 元重|1| 先幅|1.7|先重|0.7| 重g|156g|
登録番号|神奈川64735| 登録年|昭和54年|


 両鎬槍(やり)。さび、刃こぼれなし。杢鍛え。直刃。茎から切先まで34cm。拵全長116cm。黒石目鞘に幅5ミリの金線3本。刻み朱塗1/3に黒塗ツヤ2/3柄。「信濃守源貴道」。日本美術刀剣保存協会保存刀剣鑑定書。  

B3903 140万円 康以下切

B3903 拡大画像ページへ
刀身|67cm| 反り|1.4| 目釘|3| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.9| 先幅|1.7|先重|0.5| 重g|606g|
登録番号|福岡53025| 登録年|昭和43年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。杢目肌。互の目丁子乱れ刃文。銅ハバキ。茶ツヤ塗鞘。丸形透かし金象嵌入り鉄ツバ。表「備中守橘康(以下切れ)」。(康広)裏「枝菊紋」。日刀保保存と特別貴重認定書。

D3891 17万円 行長

D3891 拡大画像ページへ
刀身|43.5cm| 反り|1.3| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|340g|
登録番号|兵庫115226| 登録年|平成14年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目に杢目交じり。互の目乱れ続く。小切先。生茎。栗尻。銅台付きハバキ。「豊州高田住行長」。

F3834 59万円 菊一文字

F3834 拡大画像ページへ
刀身|15.3cm| 反り|0| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|2.1| 元重|0.6| 先幅|1.2|先重|0.4| 重g|83g|
登録番号|福井023068| 登録年|平19|


さび、刃こぼれなし。板目詰む。互の目はこがかる。化粧ヤスリ目。刀身表、登龍彫刻。裏、梵字。「菊一文字」。「奉納兜八幡宮」。日刀保保存鑑定書。御守刀菊一文字金近桐箱入り。

B3824 149万円 家平

B3824 拡大画像ページへ
刀身|61.3cm| 反り|1.5| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.7| 先幅|1.7|先重|0.4| 重g|584g|
登録番号|神奈川20353| 登録年|令4|


 さび、刃こぼれなし。小杢目肌。互の目がかり大乱れ。加州ハバキ。黒塗に約1cm角の貝散し鞘。丸形透かし鉄ツバ。白鞘付。「賀州住藤原家平」。日刀保特別保存鑑定書。(審査料三万五千円)

B3676 73万円 高田

B3676 拡大画像ページへ
刀身|64.5cm| 反り|0.9| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.8| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|616g|
登録番号|大分15121| 登録年|昭40|


さび、刃こぼれなし。板目肌。互の目乱れ。小切先。生茎。切。銀ハバキ。黒塗ツヤ鞘。丸形鉄ツバ。「無銘(藤原高田)」。日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書。刀身、刃文共に美。

D3638 49万円 家忠

D3638 拡大画像ページへ
刀身|51.7cm| 反り|1.0| 目釘|2| 時代|江戸中| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.7| 先幅|1.5|先重|0.5| 重g|554g|
登録番号|石川24618| 登録年|平6|


さび、刃こぼれなし。板目流れて柾がかる。湾れ気味の互の目乱れ。生茎。栗尻。加州ハバキ。「賀州住藤原家忠」。日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書。

D3533 30万円 吉勝

D3533 拡大画像ページへ
刀身|52.2cm| 反り|1.1| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|直|
元幅|3.1| 元重|0.7| 先幅|2.1| 先重|0.4| 重g|514g|
登録番号|東京27553| 登録年|令2|


さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目によく鍛えた地鉄を用い直刃をみごとに焼いている。「筑州住源信国吉勝」。延宝(1673年)福岡の巨匠。銃砲刀剣研究会 鑑定書。

A3481 45万円 利行

A3481 拡大画像ページへ
刀身|77.4cm| 反り|1.4| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.7| 先幅|1.9| 先重|0.5| 重g|704g|
登録番号|兵庫30713| 登録年|昭35|


刃こぼれ1ヵ所。鎬造、庵棟。板目肌。直刃足入る。小切先。生茎、栗尻。「源利行造之」銘。播磨。直径約2~1mmのさび点在。長さ77.4cm。居合向。日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書。

F3454 31万円 兼松

F3454 拡大画像ページへ
刀身|27.3cm| 反り|0.0| 目釘|2| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|2.4| 元重|0.7| 先幅|1.6| 先重|0.3| 重g|191g|
登録番号|岐阜10149| 登録年|昭30|


さび、刃こぼれなし。平造、庵棟。板目流れて柾がかる。直刃。小切先。ふくら焼き。生茎。栗尻。ヤスリ目見えず。銅二重ハバキ。「兼松(関)」。日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書。