在庫刀一覧

B3876 34万円 無銘

B3876 拡大画像ページへ
刀身|64.2cm| 反り|1.5| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.8| 先幅|1.7|先重|0.5| 重g|626g|
登録番号|福岡67076| 登録年|昭和49年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。直刃に湾れ交じる。中切先。生茎。栗尻。銅祐乗ハバキ。石突、責金、覆輪付青貝散鞘。木瓜形彫金ツバ。太刀風の華やかな拵。。

D3875 18万円 不明

D3875 拡大画像ページへ
刀身|44.3cm| 反り|1.5| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|1.5|先重|0.4| 重g|338g|
登録番号|東京227629| 登録年|昭和57年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。大板目肌。互の目。小切先。生茎。栗尻。刀身に龍のような彫刻あり。銅ハバキ。「銘不明」。(於品川)まで茎に読める彫りあり。

D3874 23万円 正義

D3874 拡大画像ページへ
刀身|59.9cm| 反り|2| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|2.8| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.4| 重g|534g|
登録番号|長野65630| 登録年|昭和51年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。直刃。小切先。生茎。栗尻。左上がりヤスリ目。銅ハバキ。「備後国三原住貝正義」。あと2mmで刀。長脇差。

A3873 31万円 兼光

A3873 拡大画像ページへ
刀身|69.5cm| 反り|2.4| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|直|
元幅|2.8| 元重|0.6| 先幅|1.5|先重|0.5| 重g|576g|
登録番号|長野2157| 登録年|昭和26年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。直刃。中切先。生茎。栗尻。両面棒樋掻き流し。金色ハバキ。「備州長船兼光」。兼光は鎌倉末期、全国的に知られた刀匠。豊臣秀吉所持。

A3872 31万円 無銘

A3872 拡大画像ページへ
刀身|67.7cm| 反り|1.2| 目釘|1| 時代|江戸末| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.9| 先幅|1.8|先重|0.5| 重g|670g|
登録番号|佐賀16536| 登録年|昭和46年|


さび、刃こぼれなし。板目詰み梨地風。鮮明な互の目乱れ続く。大切先。生茎。栗尻。ヤスリ目見えず。鉄味良し。銅ハバキ。

D3865 21万円 三原

D3865 拡大画像ページへ
刀身|36.4cm| 反り|0.6| 目釘|2| 時代|室町中| 刃文|直|
元幅|2.5| 元重|0.5| 先幅|1.6|先重|0.4| 重g|237g|
登録番号|東京327085| 登録年|令和5年|


さび、刃こぼれなし。菖蒲造。板目流れて柾がかる。直刃。大摺り上げ。切。平行なヤスリ目。金色ハバキ。「無銘(三原)」。日刀保認定書。重要刀剣。

E3864 22万円 無銘

E3864 拡大画像ページへ
刀身|41.3cm| 反り|0.6| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|1.7|先重|0.4| 重g|318g|
登録番号|新潟073323| 登録年|令和5年|


さび、刃こぼれなし。板目詰む。互の目乱れる。小切先。生茎。栗尻。銀着せ二重ハバキ。黒石目鞘。丸形鉄ツバ。「相模守友常」銘入り小柄。戦国武将図の頭と縁。

D3859 12万円 無銘

D3859 拡大画像ページへ
刀身|44cm| 反り|1.6| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.7| 先幅|1.8|先重|0.5| 重g|384g|
登録番号|山梨18121| 登録年|昭和53年|


8.5cm線状のさびあり。刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰む。湾れ続く。刃文鮮明。小切先。生茎。栗尻。二重ハバキ。「江戸初期作」鞘書。

A3856 20万円 無銘

A3856 拡大画像ページへ
刀身|65.4cm| 反り|0.5| 目釘|4| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.8| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|780g|
登録番号|静岡7512| 登録年|昭和27年|


さび、刃こぼれなし。板目流れて柾がかる。太めの湾れ。中切先。生茎。栗尻。銀色ハバキ。5cmと3cmのキズがある為、格安日本刀。

D3852 25万円 兼房

D3852 拡大画像ページへ
刀身|59.9cm| 反り|0.6| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.6| 先幅|1.4|先重|0.4| 重g|518g|
登録番号|東京327189| 登録年|令5|


  さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰む。大乱れ。小切先。生茎。栗尻。銀祐乗ハバキ。「兼房」。初代は鎌倉時代、25代目の兼房が現在も作刀している。