在庫刀一覧

F3748 28万円 忠広
F3748
刀身|30.3cm| 反り|2.2| 目釘|2| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|2.9| 元重|0.8| 先幅|2.3|先重|0.6| 重g|576g|
登録番号|栃木40567| 登録年|昭53|


 なぎなた。さび、刃こぼれなし。小糠肌に柾がかる。直刃。両面朱漆塗棒樋掻き流しに添樋。銅ハバキ。茎から切先まで70.5cm。白鞘全長101cm。「近江大掾藤原忠広」。薙刀の後に槍が誕生した。
F3747 14万円 不詳
F3747
刀身|39.8cm| 反り|2.3| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|2.6| 元重|0.7| 先幅|2.5|先重|0.6| 重g|434g|
登録番号|石川7897| 登録年|昭40|


 なぎなた。さび有り。板目流れて柾がかる。直刃。両面朱漆塗棒樋掻き流し8cm。添樋17cm。金色ハバキ。茎より切先まで57.5cm。黒塗鞘全長264cm。柄のみ220cm。銘「不詳」。
F3746 20万円 綱重
F3746
刀身|35.2cm| 反り|2.2| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|直|
元幅|2.7| 元重|0.5| 先幅|2.5|先重|0.5| 重g|327g|
登録番号|東京299869| 登録年|平20|


 なぎなた。柾鍛え。直刃。茎より切先まで58cm。両面朱漆塗棒樋丸留め8cm。添樋12.5cm。黒鞘全長222cm。柄全体の1/4青貝散。表「陸奥守藤原綱重」。裏「寛文十年戌二月吉日」。
E3745 22万円 正広 売切れ
E3745
刀身|49.9cm| 反り|1.4| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.6| 先幅|2|先重|0.5| 重g|427g|
登録番号|京都2054| 登録年|昭26|


さび、刃こぼれなし。大板目に小杢目交じる。腰広き互の目。生茎。栗尻。銅ハバキ。黒塗ツヤ鞘に下緒。物語のありそうな絵柄の丸形透かし鉄ツバ。「肥州住藤原正広」。
D3744 27万円 吉家 売切れ
D3744
刀身|54.5cm| 反り|0.1| 目釘|1| 時代|江戸中| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.7| 先幅|2.1|先重|0.5| 重g|523g|
登録番号|愛媛42485| 登録年|昭51|


さび、刃こぼれなし。板目に小杢目交じり。尖り互の目。木ハバキ。表「賀州金沢住吉家作」。裏「寛文元暦八月日」。日刀保保存。加州刀に保存は稀。
E3743 22万円 無銘
E3743
刀身|45.7cm| 反り|0.9| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.7| 先幅|1.8|先重|0.5| 重g|422g|
登録番号|京都29500| 登録年|昭45|


さび、刃こぼれなし。板目肌。直刃に湾れ交じる。中切先。帽子鮮明。生茎。尻張。銅ハバキ。茶塗ツヤ鞘に下緒。丸形透かし鉄ツバ。しっかり糸巻された柄。
E3742 22万円 則光 売切れ
E3742
刀身|45.5cm| 反り|1.2| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.7| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|433g|
登録番号|群馬32332| 登録年|昭47|


さび、刃こぼれなし。板目肌。湾れに互の目交じり。中切先。大丸。銅二重ハバキ。黒石目鞘に下緒。丸形鉄ツバ。「備前国則光」。備前の代表刀工。
B3741 150万円 無銘
B3741
刀身|66.1cm| 反り|1.9| 目釘|3| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.6| 先幅|2|先重|0.4| 重g|558g|
登録番号|岡山34727| 登録年|昭34|


さび、刃こぼれなし。板目肌。尖り互の目。両面棒樋丸留め。尻張。銀祐乗ハバキ。黒角笛鞘。金象嵌入り丸形透かしツバ。E3740と大小揃い。室町時代の日本刀が大刀、小刀揃っているのは貴重。
E3740 74万円 無銘
E3740
刀身|44.8cm| 反り|1| 目釘|3| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.6| 元重|0.6| 先幅|2|先重|0.4| 重g|355g|
登録番号|岡山34728| 登録年|昭34|


さび、刃こぼれなし。板目詰んで杢交じり。尖り互の目。生茎。栗尻。銀二重ハバキ。梅図の小柄、こうがい。黒角笛鞘。金象嵌入り丸形透かしツバ。B3741と大小揃い。
B3739 64万円 康継 売切れ
B3739
刀身|71.7cm| 反り|1.7| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.8| 先幅|2.1|先重|0.5| 重g|750g|
登録番号|香川32923| 登録年|令3|


 さび、刃こぼれなし。板目に杢目交じり。湾れ。生茎。栗尻。表、鮮明な竹に虎図彫刻。裏、竹図。剥がれない黒塗り鞘。金象嵌入お多福鉄ツバ。白鞘に「越前康継 初代紀内彫刻竹之図児事也 長サ二尺三寸六分強」。