在庫刀一覧

E3889 40万円 繁慶

E3889 拡大画像ページへ
刀身|47.2cm| 反り|1| 目釘|1| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.6| 先幅|1.8|先重|0.5| 重g|439g|
登録番号|神奈川44569| 登録年|昭和41年|


さび、刃こぼれなし。板目流れて柾がかる。沸え深く乱れ刃続く。中切先。生茎。栗尻。黒塗ツヤ鞘。木瓜形金象嵌入鉄ツバ。「繁慶」。通称「ハンケイ」と音読みするが、正しくは「しげよし」。

D3888 18万円 無銘

D3888 拡大画像ページへ
刀身|52.8cm| 反り|1.6| 目釘|1| 時代|室町中| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.7| 先幅|1.6|先重|0.5| 重g|454g|
登録番号|東京327512| 登録年|令和6年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰む。互の目丁子乱れ。小切先。生茎。栗尻。銅ハバキ。細身の刀身に刃文が鮮明。50cm超え脇差日本刀が18万円。

D3886 19万円 兼則

D3886 拡大画像ページへ
刀身|44.2cm| 反り|1.2| 目釘|2| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.8| 元重|0.5| 先幅|1.6|先重|0.3| 重g|310g|
登録番号|東京265387| 登録年|令和4年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目に杢目交じる。互の目乱れ続く。小切先。生茎。栗尻。両面棒樋掻き流し。銅ハバキ。「兼則作」。関ヶ原の役で活躍か?

B3885 39万円 無銘

B3885 拡大画像ページへ
刀身|71cm| 反り|2.4| 目釘|3| 時代|室町中| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.7| 先幅|1.9|先重|0.4| 重g|698g|
登録番号|佐賀19248| 登録年|昭和48年|


さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。直刃。小切先。生茎。尻張。銀祐乗ハバキ。珍しい木目模様の変わり鞘。大きな丸形透かし鉄ツバ。71cm長い刀身。

B3884 35万円 □高

B3884 拡大画像ページへ
刀身|69cm| 反り|0.7| 目釘|2| 時代|江戸初| 刃文|乱|
元幅|2.9| 元重|0.7| 先幅|2|先重|0.4| 重g|674g|
登録番号|埼玉83311| 登録年|令和5年|


さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。ふくら小杢目肌。互の目乱れ続く。中切先。摺り上げ茎。切。金色ハバキ。黒塗鞘、数ヶ所剥がれあり。丸形鉄ツバ。「□□守藤原□高」。

B3883 30万円 義宗

B3883 拡大画像ページへ
刀身|65.7cm| 反り|1.6| 目釘|2| 時代|昭和| 刃文|乱|
元幅|3.1| 元重|0.8| 先幅|2|先重|0.6| 重g|730g|
登録番号|新潟61426| 登録年|平成5年|


さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目流れて柾がかる。乱れ刃。生茎。栗尻。銀ハバキ。綺麗な貝散し鞘。長丸形透かし鉄ツバ。「昭和二十年三月」。「義宗」。人間国宝貞次の兄。刀身に素人研ぎ跡ある為格安!

A3880 26万円 無銘

A3880 拡大画像ページへ
刀身|69.1cm| 反り|1.2| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|3| 元重|0.6| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|666g|
登録番号|山口2172| 登録年|昭和26年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰む。小乱れに互の目交じる。大切先。生茎。栗尻。銅ハバキ。約70cmの日本刀が26万円!

D3879 22万円 常光

D3879 拡大画像ページへ
刀身|46.4cm| 反り|0.8| 目釘|2| 時代|江戸初| 刃文|直|
元幅|3.2| 元重|0.8| 先幅|1.9|先重|0.5| 重g|433g|
登録番号|北海道35101| 登録年|平成2年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。小杢目詰む。直刃。中切先。生茎。栗尻。両面棒樋掻き留め。刻み銅ハバキ。「対馬守橘常光」。良業物刀工。三ツ頭鮮明。

D3878 22万円 無銘 

D3878 拡大画像ページへ
刀身|51.8cm| 反り|1.4| 目釘|1| 時代|室町末| 刃文|乱|
元幅|2.7| 元重|0.5| 先幅|1.7|先重|0.4| 重g|426g|
登録番号|福岡94035| 登録年|平成5年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目詰んで柾目肌。直刃に乱れ交じる。中切先。生茎。栗尻。鉄味良い茎ヤスリ目見えず。金色祐乗ハバキ。きれいな刀身。

A3877 38万円 無銘

A3877 拡大画像ページへ
刀身|65.1cm| 反り|1.5| 目釘|1| 時代|昭和| 刃文|直|
元幅|3| 元重|0.8| 先幅|1.7|先重|0.5| 重g|682g|
登録番号|岡山107219| 登録年|平成2年|


 さび、刃こぼれなし。鎬造、庵棟。板目肌。直刃。中切先。生茎。尻張。金色ハバキ。「山城国来国俊」鞘書。来国俊は鎌倉時代の有名な刀匠。